社会福祉法人 日立市社会福祉協議会

フードバンクについて

フードバンクとは、安全に食べられるのに捨てられてしまう食品を無償で提供いただき、さまざまな事情で支援が必要なかたなどに食品をお届けする活動です。
日立市と社協は、フードバンクの趣旨に賛同し、2017年12月20日から活動に協力することとしました。フードバンクの「きずなBOX」(食品収集箱)を設置いたしましたので、ご案内いたします。
ご協力をお願いいたします。

必要とされている食品は…

缶詰、お米、レトルト食品、インスタント麺、乾麺など

食品を提供いただくときの「お願い」

(1)常温保存可能・未開封で、賞味期限が2か月以上残っているもの
(2)要冷蔵、冷凍食品、野菜・果物のような生鮮食品、割れやすい容器の食品はお受けできません

ご提供いただいた食品は…

市内の食の支援が必要なかたや、NPO法人フードバンク茨城を通じて県内でも提供されます。

食品の受付

日立市内では、日立市役所(2階・社会福祉課)、社協で受付しています。
きずなBOXが目印です。
平日 午前8時30分~午後5時15分まで(土日祝日は除きます。)

ふくしに関する相談

月〜金曜日
8時30分から17時15分
TEL:0294-37-1122

社協事業

社協事業は、社協会費・赤い羽根募金などで運営されています。