社会福祉法人 日立市社会福祉協議会

福祉教育・福祉学習について

小・中学生や団体、企業の従業員等を対象に、福祉への理解と関心を高めるための講話や体験の機会の提供に努めています。お気軽にご相談ください。(TEL 37-1122)

福祉体験の出前サービス

小・中学生には学校に、団体・企業の従業員等には交流センターや会社等に職員が出向いて福祉体験(車いす、アイマスク、高齢者疑似体験、妊婦体験等)を行います。

福祉機材の貸し出し

福祉機材(高齢者疑似体験セット、アイマスク、点字器セット、妊婦体験セット等)を小・中学校での授業や、団体、企業等の学習会等に無料で貸し出しを行っています。

チャレンジスクール

市内の小学生(4・5・6年生)と中学生を対象に「ふくしチャレンジスクール」を開催します。(日立市職業探検少年団の一つである「ひたち福祉探検少年団」の活動を兼ねて実施します)
※ 市報や社協だより、ホームページ等で募集案内をします。

福祉作文コンクールの実施

小・中学生を対象に福祉作文の募集を行い、思いやりとやさしさの醸成を図ります。
福祉作文コンクール受賞作品(ブログページ)

ふくしに関する相談

月〜金曜日
8時30分から17時15分
TEL:0294-37-1122

社協事業

社協事業は、社協会費・赤い羽根募金などで運営されています。