社会福祉法人 日立市社会福祉協議会

日常生活自立支援事業


判断能力の不十分な認知症高齢者、知的または精神に障がいのあるかたなどで、かつ、親族などの援助が得られないかたに対して、「福祉サービスの利用手続き」や「金銭管理サービス」などを行い、在宅や施設・病院における日常生活を支援する事業です。

利用対象者

判断能力の不十分な認知症高齢者、知的または精神に障がいのあるかたなどで、かつ、親族などの援助が得られないかた

申込方法

日立市社会福祉協議会に備えてある利用申込書により申請していただきます。
事前にご本人と面会し、専門員が相談調査(インタビュー)を行います。

支援サービス内容

[福祉サービスの利用援助]
・福祉サービスに関する情報提供・助言
・福祉サービスの利用手続き
・福祉サービス利用料の支払い援助など
[日常的な金銭管理サービス]
・年金、手当などの受領確認
・日常的な生活費の預金からの払い出し、預け入れ
・医療費、公共料金、家賃、地代等の支払いなど
[書類などの預かりサービス]
・預金通帳、保険証書、不動産管理書、実印、銀行届け印などの預かりサービス

支援の方法

生活支援員が利用者の自宅や施設、病院等を訪問し、支援サービスを行います。

利用料

福祉サービスの利用援助及び日常金銭管理サービス 1時間当たり 1,100円
書類などの預かりサービス 保管料 1ヶ月当たり 500円
移動交通費(利用者宅から利用機関への移動) 1km当たり  37円
※ 生活保護受給者は、上記の利用料が免除になります。
※ 利用者・対象者は、どなたも相談調査、支援計画作成、契約締結にかかる費用は無料です。

申し込みからサービス提供までの流れ

・契約時の意識確認が難しい場合は、茨城県社会福祉協議会に設置された「契約締結審査会」で判定します。
・支援サービスについての苦情は、県社協に設置された「運営適正化委員会」に苦情申し立てができます。

地域生活支援事業に戻る

前のページに戻る

ふくしに関する相談

月〜金曜日
8時30分から17時15分
TEL:0294-37-1122

社協事業

社協事業は、社協会費・赤い羽根募金などで運営されています。